09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

1週間前の出産の事

2009.08.18 (Tue)

息子君を産んだのは先週の火曜日。
もう、1週間経ったんですね。
とても内容の濃い一週間だったと感じます。
090818 012
出産の事、忘れちゃう前に(いや、絶対に忘れませんが・・・)
書いておきますね。

とても、なが~くなってます。
お時間のある方はどうぞお読みください(笑)


○8月8日・・・予定日・・・
そうめん食べて、花火を見てのんびり過ごしておりました。
いつものように早めに就寝。


○8月9日・・・前駆陣痛・・・
深夜、0時を過ぎて、お腹が痛み出しました。
弱い痛みですが、10分~7分間隔。
3時10分、おしるしも。
痛みで寝れず、朝になっても昼になっても、痛みが続いてました。
12時過ぎ、間隔が7分~5分になったので、病院に電話。
「5分間隔になったら連絡ください」と。

そして、19時過ぎ、痛みは弱いものの5分間隔になったので連絡をし、
病院へ行き診察を受けました。
「まだまだ、子宮口が全然開いてませんね。
前駆陣痛ですね、もっと痛くなるはずです。」
と、一度帰宅です。


○8月10日・・・微弱陣痛・・・
診察の影響か、深夜に強い痛みになり、より寝れません。
明け方には5分間隔の痛みになってました。
朝9時になって、再び病院に電話して診察。
相変わらず、子宮口、全く開かず、二度目の無念の帰宅・・・

家も近いということで、間隔が2~3分になったら連絡くださいと。
痛いし、寝れてないし・・・泣きそうになりながら帰宅しました。

日中、また更に痛みが強くなりますが、短くても4~5分間隔までで、
2~3分にはどうしてもならないので、とにかく一人自宅で耐える…耐える…

そんな中、助産師Mさんから電話。
微弱陣痛だから、ご飯も薬だと思って食べて、
少しでも寝れる時は寝て、出産に備えてね!とアドバイスを。
不安と痛みでカナリ弱気になってたので、
この電話に、どれだけ私が救われたことか・・・


○8月11日・・・出産・・・
明け方の地震も、5分間隔の痛みの真っ最中。
10時、2~3分にはならないが、耐えられないので電話して病院へ。
子宮口も少し開いているとの事で、三度目の正直でやっと入院です(涙)

そのあとは陣痛を強くするため、院内を歩くも、子宮口はそのまま。
長い陣痛で食べれない、寝れないという日々で、衰弱しきってたし、
これ以上長引くと、あまりヨロシクナイということで、
お昼過ぎ、ついに陣痛促進剤&ビタミン剤の点滴、子宮を柔らかくする注射などで、
万全の体制にしてもらいました。

そこから産まれるまでの7時間程、
相当な痛みに耐えながら、横になったり、歩いたり、スクワットしたり・・・
後半は悪霊に憑依されちゃったみたいなエライ状態になってました。

そして、子宮口全開まで、残り5mmで分娩台に上がってからは20分ほど、
11日、20時35分、無事、息子君を出産することが出来ました。

息子君に会えた時の第一声は、
「君か、君だったのか、私を苦しめていたのは・・・」
というのが素直な言葉でした(笑)


本当に辛く、苦しく、痛い・・・出産でした。
よく、赤ちゃん見たら、痛みなんて忘れちゃうって聞きますが、
私は絶対に忘れられないと思います。
こんな思いをしたからこそ、息子君が可愛いし、愛おしくてたまらないです。


産後一週間が経ちますが、
先生や助産師さん、看護師さん、スタッフさんに対する感謝の気持ちは、
息子君の可愛さに比例して日々増しています。
本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m


話は変わって、
パパさんは残念ながら負けちゃいました・・・ほんと惜しかった!
090818 018
↑ これ試合前のパパさん。
私は、息子君の名前で応援メッセージ送って楽しんでました。
NETで中継してくれるのは、本当に良いですね☆
今回の結果は残念でしたが、今週末には茨城でJPSAの試合です。
引き続き、頑張ってもらいましょ~♪
17:43  |  ☆日記☆
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。